« 無人島がまるごと散骨所にetc...★2008年8月14日のニュースまとめ | トップページ | ビートルズの「契約書」が競売へetc...★2008年8月15日のニュースまとめ »

2008年8月15日 (金)

セキュリティは、破られるために存在する

1218764406401さまざまなセキュリティー技術を破る、いわゆる「ハッカー」の祭典「DefCon」が今年もアメリカで開催されたそうです。

今回注目を集めたのは、ホワイトハウスやペンタゴン(米国防総省)にも採用されている、「世界一頑丈な鍵」として有名なMedeco社のM3ロック
この鍵が、なんとも安上がりな方法で破られてしまいました。

まずはこの鍵の写真を撮ります。そしてそれをプリントし、型紙にしてプラスチック製のクレジットカードを鍵の形にきります。
これでいとも簡単に偽の鍵が完成してしまったのでした。クレジットカードさえあれば、いくらでも合鍵が作れてしまうとのことです。

もっとも、前回は丸めた紙のはじっこですぐに開けられてしまったようなので、少しは進歩したのかもしれませんね。


元記事:世界一頑丈な鍵の製造会社Medeco vs クレジットカード : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

|

« 無人島がまるごと散骨所にetc...★2008年8月14日のニュースまとめ | トップページ | ビートルズの「契約書」が競売へetc...★2008年8月15日のニュースまとめ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/310741/22995774

この記事へのトラックバック一覧です: セキュリティは、破られるために存在する:

« 無人島がまるごと散骨所にetc...★2008年8月14日のニュースまとめ | トップページ | ビートルズの「契約書」が競売へetc...★2008年8月15日のニュースまとめ »