« 【動画】漫画のような自動車事故 | トップページ | Mac誕生25周年、写真で見るMacの歴史 »

2009年1月27日 (火)

議会制民主主義の弊害――圧力団体の愚行

自らの利益のために政治的関与を積極的に行う…大小の違いこそあれ、こんな「圧力団体」が実は世の中を動かしている。

そんな実例があった。

茨城県医師会の有志が26日、政府の定額給付金に抗議するため、会員の開業医ら約1400人に給付分の寄付を呼び掛ける団体を設立したと発表した。集まった資金は県医師会の政治団体、県医師連盟が次期衆院選で推薦を決めている県内の民主党候補に献金する。
Centerいくら崩壊したとはいえ、「教師と医者は聖職」という意識は完全に拭うことはできない。

医師連盟という組織は何を考えているのだろう。
いくら政治団体とはいえ、その前に医師の団体ならば、寄付を募ったらまず患者や病院で過酷な労働を強いられている「身内」のことを考えるのが当たり前ではなかろうか。

それが自民党に対する嫌がらせのため、民主党候補に献金とは、あきれて物も言えない。

医師会の目は医療ではなく、政治家からの利権に向けられていることを、今さらながら思い知った。この世界も、大学病院と同じ「白い巨塔」であったわけだ。

元記事:定額給付金の寄付呼び掛け 茨城県医師会、民主候補に献金 - 47NEWS(よんななニュース)

|

« 【動画】漫画のような自動車事故 | トップページ | Mac誕生25周年、写真で見るMacの歴史 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

省庁天下りの外郭団体ももうどうにかした方がいい時期だと思うんですけどねー。。。。。
ってか、この茨城県の人たちは、何考えてるんでしょ????
原発の影響かしら。。。。。

投稿: かぴぱら | 2009年1月28日 (水) 17時31分

無駄を無くすと言いながら、調べてみるとどんどん無駄が明るみに出てくるというブラックジョークの状態ですね。

中にはいやいや参加させられている開業医もいるんでしょうねー。

投稿: 管理人 | 2009年1月28日 (水) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【動画】漫画のような自動車事故 | トップページ | Mac誕生25周年、写真で見るMacの歴史 »