« CO2削減はすでにタイムアップか | トップページ | 食べたい! あこがれの「ギャートルズ肉」 »

2009年2月 1日 (日)

意外と合うね、ロックと三味線

ケヴィン・メッツ(Kevin Kmetz)は、ロック少年だったが、14歳のとき、高橋竹山のライブを見て三味線のとりこになった。

AC/DCのカバーなどもやっているようだ。何だか妙に気になるミュージシャンである。

|

« CO2削減はすでにタイムアップか | トップページ | 食べたい! あこがれの「ギャートルズ肉」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

去年、太竿の連弾の発表会に行って、度肝抜かれましたよー。
変なロックよりもよっぽど、切れ味あって、シャキーンって曲が終わった時は鳥肌立ちました。
弾いてみたい&習ってみたいなーってずーっと思ってるんですけどねー。

投稿: かぴぱら | 2009年2月 1日 (日) 23時53分

どんなジャンルの音楽でも、背筋がゾっとするような感動ってありますよね。

音楽自体をジャンル分けしない方がいいかもしれませんね。

投稿: 管理人 | 2009年2月 2日 (月) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CO2削減はすでにタイムアップか | トップページ | 食べたい! あこがれの「ギャートルズ肉」 »