« 若きヒトラーが描いた絵がオークションに | トップページ | 超合金「マジンガーZ」が復活 »

2009年3月28日 (土)

ロリコンと自衛隊

E1237344665875_1_s 防衛省が編集協力する情報誌『MAMOR(マモル)』の4月号に、「自衛隊用語事典」なるものが掲載されている。

いわゆる「業界用語」「隠語」であるが、なかなか一般市民には聞く機会がないので、ひじょうに興味深い。

・ロリコン……航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」の展示飛行科目の一つで、正式には「ローリング・コンバット・ピッチ」という。

・グリコのおまけ……防衛記念章のこと。自衛官がその経歴を記念して制服に着用するもの。賞詞を授与されたり、部隊長を務めたり、海外活動などに従事すると支給され、制服の左胸ポケットの上部に着用する。

・赤いきつね……10年以上勤続した自衛官に付与される第28号防衛記念章のこと。赤を基調としているデザインなので、某カップ麺の商品名にかけてこう呼ばれるようになったという。

・緑のたぬき……第27号防衛記念章で、25年以上の勤務で授与される。赤いきつね同様、某カップ麺からひっかけて呼ばれる。

・バームクーヘン……自衛隊式毛布のたたみ方をあらわす。毛布を八つ折りに畳み、畳んだ側面がきれいに層になったおいしそうなバームクーヘンのように見えるよう揃えなければならない。

無論これらは正式用語ではないが、自衛官の間では日常的に使われているようだ。新人が「ロリコン」だの「バームクーヘン」だの隠語にとまどうさまはなかなかに愉快だろう。

|

« 若きヒトラーが描いた絵がオークションに | トップページ | 超合金「マジンガーZ」が復活 »

戦争・紛争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若きヒトラーが描いた絵がオークションに | トップページ | 超合金「マジンガーZ」が復活 »