« ドイツ軍が撮影した貴重なカラー写真たち | トップページ | 子どもたちがDSを持って決まった場所に群れているワケ »

2009年3月 9日 (月)

何とも現金な“大衆”たち

日本テレビがこの週末に行った世論調査によると、麻生内閣の支持率は先月の9.7%から18.8%に上昇した。一方、「民主党・小沢代表は辞任すべき」との答えが54.0%に達しているという。

2009030900000005nnnpolthumb001_2

1ヶ月で支持率が逆転した背景には、もちろん小沢代表の秘書が逮捕されたことがある。それにしても、先月まで「戦後最悪の首相」とこき下ろされていた麻生首相の支持率が倍増とは、げにメディアの選能力とは恐ろしいものである。

大衆にとって、どうやら首相候補はメディアの印象操作で決めるものらしい。テレビ以外のニュースソースがないのだから、当然と言えば当然ではあるが。

|

« ドイツ軍が撮影した貴重なカラー写真たち | トップページ | 子どもたちがDSを持って決まった場所に群れているワケ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

申し訳ありませんが、おいらは最初から支持していませんでした。

投稿: しわしわ | 2009年3月 9日 (月) 21時49分

どちらも支持しない、という人が大半だと思いますが。

投稿: 管理人 | 2009年3月10日 (火) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツ軍が撮影した貴重なカラー写真たち | トップページ | 子どもたちがDSを持って決まった場所に群れているワケ »