« アラフォー男の癒し空間 「模型カフェ」 | トップページ | 中国:「死刑バス」で臓器摘出・販売=英国メディア 「まるでナチスの毒ガストラック」 »

2009年4月 7日 (火)

森田健作知事:「無所属は虚偽」…千葉県議2人が告発へ

20090406k0000e010076000p_size5千葉県の森田健作知事が、自民党支部代表を務めながら知事選で無所属を名乗ったとして、同県議2人が15日、公職選挙法違反(虚偽事項の公表)の疑いで千葉地検に告発する方針を固めたという。

東京都選管に提出された政治資金収支報告書によると、森田知事は衆院議員を辞職した03年以降も「自由民主党東京都衆議院選挙区第2支部」の代表を務めているとのこと。

公選法は、当選を得る目的で政党の推薦や支持などに関し、虚偽の事項を公にすることを禁じている。だが、政党に所属していても、党の「所属党派証明書」を選管に出さなければ無所属で出馬できる。
つまり、何も関係がないのに「○○党推薦」と名乗れば違法だが、今回のケースはこの逆にあたるため、どのような司法の判断が下されるのか注目したいところだ。

|

« アラフォー男の癒し空間 「模型カフェ」 | トップページ | 中国:「死刑バス」で臓器摘出・販売=英国メディア 「まるでナチスの毒ガストラック」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あのテンションがいつまで続くのか気になるです。

投稿: しわしわ | 2009年4月 8日 (水) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラフォー男の癒し空間 「模型カフェ」 | トップページ | 中国:「死刑バス」で臓器摘出・販売=英国メディア 「まるでナチスの毒ガストラック」 »