« 【観賞用】四角スイカの出荷始まる | トップページ | スーザンさん出演料は12分で1621万円 »

2009年6月19日 (金)

背水の陣、北朝鮮、サッカーW杯切符

サッカーW杯アジア最終予選の北朝鮮とサウジアラビア戦。北朝鮮が引き分けに持ち込み、本大会出場を決めた。1966年のイングランドW杯 に初出場し、8強入りを果たして以来44年ぶりとなる快挙だ。

2009061900000010rcdccnview000

日本も早々と出場を決めたが、日本が戦ったA組は「2強3弱」といわれオーストラリアと日本が2位以内に入ることは決まっていたという。

一方、B組は北朝鮮、サウジのほか韓国、イラン、UAEいずれもW杯本大会出場経験があり、強豪ぞろい。そこを2位で通過したのだからすごいものだ。

この朗報は、当然朝鮮中央テレビのニュースでも報じられた。
『全軍と人民が世界中に見せつけている強盛大国建設に向けて一大転換を起こしている歴史的な時期に、サッカー選手らが成し遂げてくれた成果は、不屈の精神がもたらしたもう1つの慶事です』
と言うわけだ。

気になるのが、本大会出場を決めた選手や監督の待遇だが、1994年のアメリカW 杯予選で敗退した時の尹明燦監督(99年に脱北)の話によると、

「本大会に出場できるのと、できないでは、天国と地獄の差がある。出場すると、金正日総書記から家や車のほか、死ぬまで年金がもらえ、一生の生活を約束される」。
ところが、予選で敗退した尹監督は、帰国後、政治関係者に何が敗因かを徹底的に反省させられたうえ1年間、工場で強制労働させられたという。

いかに日本代表が「サムライジャパン」とはいえ、命まで取られるとは思ってもいまい。
そう言う意味では、北朝鮮代表の方がサムライと言えるような気がする。

FIFAランクは北朝鮮が106位、日本は31位。ランクからみると日本よりずっと格下のようだが、いざ戦ったらどうなるのか……。

|

« 【観賞用】四角スイカの出荷始まる | トップページ | スーザンさん出演料は12分で1621万円 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【観賞用】四角スイカの出荷始まる | トップページ | スーザンさん出演料は12分で1621万円 »