« 米一ドル硬貨の発行中止、公費の無駄遣い削減で | トップページ | 原発の発電コスト5割高 賠償費用などで加算 »

2011年12月14日 (水)

少女像撤去を要求=韓国大統領来日変わらず―藤村官房長官

藤村修官房長官は14日午前の記者会見で、韓国の民間団体がソウルの日本大使館前に従軍慰安婦問題を象徴する少女像を設置したことについて、外交 ルートを通じて韓国政府に撤去を申し入れる考えを明らかにした。また、17、18両日の李明博大統領の来日については「変更はない」と述べた。  

Ym_201112149342301n

藤村長官は「設置が強行され誠に残念だ。きょうまで随時、韓国政府に対し外交ルートで建設中止を申し入れてきた」と不快感を示した。その上で「当然(撤去を求める)話になると思う」と語った。

http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201112140040.html

日本は1965年の日韓国交正常化の際、元慰安婦の賠償請求権問題は解決したとの立場。
このような二枚舌外交を続けていては領土問題など進展しようがない。
拉致問題への弱腰外交といい、民主党政権はいったいどこの政権だと思ってしまう。

|

« 米一ドル硬貨の発行中止、公費の無駄遣い削減で | トップページ | 原発の発電コスト5割高 賠償費用などで加算 »

戦争・紛争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米一ドル硬貨の発行中止、公費の無駄遣い削減で | トップページ | 原発の発電コスト5割高 賠償費用などで加算 »