« 中国ワインがボルドー産に勝つ、テイスティングで驚きの結果 | トップページ | さすがにこれが最後か!? Windows対応でUSB接続の外付け型FDD »

2011年12月17日 (土)

「改憲語る資格ない!」 自民若手が鳩山氏を面罵

「鳩山由紀夫元首相に憲法改正を語る資格はない!」。超党派議員による「憲法96条改正を目指す議員連盟」の16日の総会で、講師として参加した鳩山氏を自民党議員が面罵する一幕があった。

Images

発言したのは宇都隆史参院議員で「鳩山氏は首相のときに一度でも改憲の話をしたのか」と詰問。鳩山氏が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の県外移設を主張したことも「混迷の元凶だ」と猛烈に批判した。

会場の空気が凍りつく中、呼びかけ人の自民党の古屋圭司衆院議員が「鳩山氏の考えは議連と相通じる部分もある」ととりなしたが、宇都氏は「納得できない。議連を退会する!」と会場を後にした。

鳩山氏は反論せず、何度も「お招きいただいたことに感謝申し上げます」と述べるばかり。改憲について25分間、熱弁をふるった後の思わぬ一撃に意気消沈の様子だった。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111216/stt11121622270009-n1.htm

よくぞ言ってくれたという感じである。鳩山氏は首相を辞めてから調子に乗って発言しすぎていたので、これは本当にありがたい。

|

« 中国ワインがボルドー産に勝つ、テイスティングで驚きの結果 | トップページ | さすがにこれが最後か!? Windows対応でUSB接続の外付け型FDD »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国ワインがボルドー産に勝つ、テイスティングで驚きの結果 | トップページ | さすがにこれが最後か!? Windows対応でUSB接続の外付け型FDD »