« 難聴が生み出したベートーベンの名曲たち | トップページ | 北のハーレム「喜び組」の運命は »

2011年12月24日 (土)

ナイキの新シューズ発売で暴動寸前! まさにキレネンコ

ナイキのバスケットシューズの新モデルが発売された23日、全米各地の店舗に購入希望者が殺到、警察官が催涙スプレーを使用したり、逮捕者が出たりする騒ぎとなった。

Ecn1112240953000p1

北西部シアトル郊外のショッピングセンターでは、早朝から並んでいた千人以上の客の間でけんかが起き「暴動寸前の状態」(警察当局)となった。警官が催涙スプレーを噴射。警官を殴った男1人が逮捕され、数人が軽いけがをした。

南部ジョージア州では店舗のドアを壊したなどとして4人が、西部カリフォルニア州でも3人が逮捕された。

発売されたのは「エアジョーダン」の新モデルで、約180ドル(約1万4千円)。コレクターも多く、過去にも奪い合いで殺人事件が起きたことがあるという。

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20111224/ecn1112240953000-n1.htm

以前はこうした海外での混乱のニュースを聞くたびに、日本は民度が高いのだと思っていたが、アラブの春や格差是正デモなどを目の当たりにしてしまうと、日本人は単に飼い慣らされた羊であるだけではないのかと感じてしまう。

日本人は、もっと自己主張し、行動に移すべきではないだろうか。

|

« 難聴が生み出したベートーベンの名曲たち | トップページ | 北のハーレム「喜び組」の運命は »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 難聴が生み出したベートーベンの名曲たち | トップページ | 北のハーレム「喜び組」の運命は »