2012年1月14日 (土)

NYフィル演奏妨害の男性が謝罪

米名門オーケストラ、ニューヨーク・フィルハーモニックのコンサートで携帯電話のアラーム音を切らず、演奏中断のハプニングを引き起こした男性が「本当にひどいことをしてしまった」と指揮者らに謝罪した。13日付の米紙ニューヨーク・タイムズが伝えた。男性は後悔の念で2日間眠れなかったという。

大のクラシック好きという60~70歳前後の男性は、二つの会社を経営するビジネスマン。使い始めたばかりのiPhone(アイフォーン)をマナーモードに設定していたが、演奏中に目覚まし時計機能のアラーム音が鳴り始めた。
Images
指揮者アラン・ギルバート氏は演奏を中断。男性が周囲の聴衆にならい、携帯を触ったところ会場に響いていた音も止まったが、自分の携帯が原因だったことは帰宅時になって分かったという。

男性は12日、ギルバート氏に電話で謝罪し、同氏も受け入れた。男性は「楽団員や聴衆が私を許してくれますように」と語った。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/01/14/kiji/K20120114002428090.html

最前列と言うことは、おそらくこの男性は楽友会員か何かで年間シートを買っているほどのファンなのだろう。その自責の念は想像するに余りあるものである。

iPhoneに限らず、マナーモードでもアラーム鳴るのは携帯電話の基本的な仕様なので、やはり芸術鑑賞、娯楽鑑賞の際には電源OFFを徹底させるようにしたい。

| | コメント (2)

2012年1月13日 (金)

NYフィル:携帯音で演奏中断 客席でアラーム鳴りやまず

米ニューヨークで10日夜開かれた名門オーケストラ、ニューヨーク・フィルハーモニックのコンサートで、携帯電話のアラームとみられる音が客席で鳴りやまず、指揮者が演奏を中断するハプニングがあった。12日付のウォールストリート・ジャーナル紙などが報じた。
Albums_main2
同フィルが本拠地リンカーンセンターでマーラーの交響曲を演奏中、最前列の客席からマリンバをアレンジした携帯音が鳴り始め、数分続いたという。

指揮者が携帯のスイッチを切るように注意したが、鳴りやまないため演奏を中断。最前列にいた年配の男性が切るのを確認した上で、曲の途中から演奏を再開した。

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120113k0000e040153000c.html

これは最悪である。昨今学生と高齢者の携帯電話のマナーの悪さが問題となっているが、高齢者の方が人口も多い分深刻だ。

それにしても数分間も気づかないとはどういうことだろうか。自分の携帯だと分からなかったのか、それとも寝ていたのか。どちらにしても今後出入り禁止にして欲しいものである。

| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

難聴が生み出したベートーベンの名曲たち

ドイツの作曲家ベートーベンが生み出した名曲の数々に、聴力の衰えが深く反映されているというオランダの研究チームによる論文が、20日の英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical JournalBMJ)」に掲載された。

オランダ・メタボロミクスセンターのエドアルド・サセンティ(Edoardo Saccenti)氏ら3人の研究者は、ベートーベンの作曲活動を初期(1798~1800年)から後期(1824~26年)まで4つの年代に区切り、それぞれの時期に作曲された弦楽四重奏曲を分析した。

研究チームが着目したのは、各曲の第1楽章で第1バイオリンのパートが奏でる「G6」より高い音の数だ。「G6」は、周波数では1568ヘルツに相当する。

難聴の進行とともに、G6音よりも高音域の音符の使用は減っていた。そしてこれを補うかのように、中音域や低音域の音が増えていた。これらの音域は、実際に曲が演奏されたときにベートーベンが聞き取りやすかった音域帯だ。

ところが、ベートーベンが完全に聴力を失った晩年に作られた曲では、高音域が復活している。これは、内耳(骨伝道)でしか音を聞けなくなったベートーベ ンが作曲の際、演奏された音に頼ることをやめ、かつての作曲経験や自身の内側にある音楽世界に回帰していったためだと、研究は推測している。

http://www.afpbb.com/article/entertainment/music/2847078/8223829

「音楽は神と対話する唯一の手段」とはベートーベンの言葉だが、彼の創作活動はまさに音楽の深さと本質を現していると言えるだろう。

| | コメント (0)

2009年6月21日 (日)

スーザンさん出演料は12分で1621万円

英国の歌姫スーザン・ボイルさん(48)が、来月予定されるコンサートで、1分間に8000ポンド(約130万円)、総額約10万ポンド(約1621万円)の出演料収入が見込まれていることが分かったそうだ。

出演時間は約12分で、別にボーナスも支払われるという。

0128d6e2

別のコンサートでも、3曲歌唱予定で10万ポンドの報酬が予定されていて、来月以降は、公演のため渡米するという。

これまでスーザンさんは、ボランティアの仕事で社会福祉団体から週に130ポンド(約2万1000円)を得ていたが、今後は全く別世界のようなギャラを手にすることになる。

ひじょうに喜ばしい事ではあるが、あまりの環境の激変ぶりに、ピンク・フロイドのシド・バレットのように壊れてしまわないかと心配だ。

| | コメント (2)

2009年6月16日 (火)

ヴァージンとユニバーサル、楽曲の無制限ダウンロードを開始へ

Ws000126 英ヴァージン・メディアと米ユニバーサルミュージックが提携し、楽曲を無制限にダウンロードできるサービスを開始すると発表した。

サービスは年内にスタートし、「わずかな月額料金」で無制限にダウンロードやストリーミング再生ができる。ダウンロードした音楽は保存でき、iPodやその他のMP3プレイヤー、パソコン、携帯電話などで好きなときに楽しむことができるという。

ヴァージンのリチャード・ブランソン会長は、これは「世界初」のサービスであり、海賊版横行への対応策だとした。

しかし、月額制の音楽サービスは、これまでパっとしなかった印象がある。iTunes Storeの一人勝ち状態を崩す事は難しいだろうが、海賊盤対策という事で、まあ頑張ってくれたまえ。

| | コメント (3)

2009年3月27日 (金)

このままの勢いでEXILEが増えていったら……

00f1eb0a 今年新たにEXILEのメンバーが14人となったわけだが、このペースで毎年倍にメンバーが増えた場合には、2014年にはポケモンの全種を抜き、2019年には北海道の総人口を撃破、2023年には日本の人口をも上回るという試算が発表された。

そして2040年には……人類は滅亡する!

試算データ(クリックで拡大)

83b1ed70

| | コメント (1)

2009年3月 5日 (木)

8歳の日本人ギタリストが熱い!

8歳のみやざわゆうと君が、オジーやらクリームやらチャーを弾きまくってます。
おまけにボーカルまで……。ギター少年に栄光あれ!

| | コメント (3)

2009年2月26日 (木)

iTunesにまとめ買い新サービス

米アップルは、iTunesで特定のアーティストの(新)曲・ビデオをまとめ買いできるパックのような新サービス「iTunes Pass」を開始した。

iTunes Storeに掲載されたDepeche Mode iTunes Passでは、iTunesで買えるデペッシュモードの新シングル、および今後発売される新アルバムに独占コンテンツまでを含めて$18.99という価格に設定されています。まだ発売されていないアイテムはストアに加わった時点でメール通知があり、iTunesを起動すれば自動でダウンロードされる仕組み。
Itunespass01好きなミュージシャンの曲だけチェックしたい、という人には便利そうだ。

ただし、パックには有効期限があるので、そこは要確認だ。

いわゆる定額制でダウンロードし放題、という形を取らなかった意図はよくわからない。他のサービスとの差別化をはかる、ということだろうか。

| | コメント (2)

2009年2月15日 (日)

ピーター・ガブリエル、アカデミー賞授賞式での演奏辞退

映画『ウォーリー』の主題歌「Down to Earth」でアカデミー賞歌曲賞にノミネートされているピーター・ガブリエルが、演奏時間が65秒間に短縮されたことに抗議し、授賞式での演奏を辞退すると発表したそうだ。

ガブリエルのウェブサイトに掲載された声明によると、ガブリエルは、特別出演扱いで短時間しか演奏できないことを知り、「少しばかり抗議する」ことにしたという。「一曲丸ごと演奏できると思っていたが、プロデューサーが来場者数の減少を受けてプログラムを変更した。それで、授賞式での演奏を辞退することに決めた」
Ws000091アカデミー賞の主役はたしかに俳優や映画スタッフだが、たとえ1曲でも制作に携わっているのだから、もうちょっと考えてくれないか? ということらしい。

しかし、授賞式には参加するとのことで、「ちょっとした抗議」といったところだろうか。

| | コメント (2)

2009年2月 8日 (日)

プーチン首相はABBAファンらしい

ビートルズファンとして知られるロシアのプーチン首相は、どうやらABBAファンでもあったようだ。

アバのコピーバンド「ビョルン・アゲイン」のマネジャー、ロッド・スティーブン氏が6日、AFPに対し語ったところによると、バンドは1月22日、タキシード姿のプーチン首相の前で「秘密のコンサート」を行い、出演料として2万ポンド(約270万円)を受け取った。
Ws000087プーチン首相はかなりノリノリで、踊りながら「ブラボー」と叫んでいたという。

しかし首相報道官は、「そのようなイベントに参加したことはない」と否定している(当たり前か……)。
プーチン首相は、あの容貌とのギャップが人気の秘密なんだろう。

| | コメント (2)